↓もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いいたします!

ビジネス本

【おすすめ本】『編集思考』イノベーションを起こす方法を学ぶ

みかん
みかん
編集思考・・・??
あい
あい
新しいものを生み出すために必要な思考法だよ!

本の内容紹介

今回ご紹介するのは、Newspicks初代編集長である
佐々木紀彦さん著の『編集思考』という本です。

編集という言葉を辞書で引いてみると、「一定の方針のもとに、いろいろな材料を集めて新聞・雑誌・書物などを作ること。」となっています。

編集思考』では、この材料の選び方、かけ合わせ方、届け方、深め方
の具体的な方法とその重要性について書かれているのです。

現代のヒット商品は全て材料のかけ合わせによって、生み出されています。
(例えば、電話×PC×ネット=iPhoneとか。)

編集思考を身につければ、どんどん新しいアイデアが湧いてきて、
仕事や人生がとても面白いものになるかもしれんね!

本の目次

第1章 「縦割り」の時代から「横串」の時代へ
第2章 編集思考とは何か
第3章 ニューズピックスの編集思考
第4章 世界最先端企業の編集思考(ネットフリックス、ディズニー、WeWork)
第5章 編集思考の鍛え方
第6章 日本を編集する

楽天ブックスより

どんな人におすすめ?

『編集思考』がおすすめなのは、以下のような方。

・新規事業や新商品企画を担当している人。

・自由に、自分らしく働きたいと考えている人。

・これからのキャリアに悩んでいる人。

・イノベーションを起こしたいと考えている人。

『編集思考』3つのポイント!

『編集思考』のポイントを3つにまとめてみました。

1. 縦割り→横串へ

日本の組織には負けパターンがあります。それは、「縦割り病」です。

本書では、日本人は縦割り病であると書いてあります。
全体ではなく、自己の利益のみを追い求めてしまう状態のことを言います。

そして、その原因は以下の3つ。

  1. 人材の多様性の乏しさ …偏差値、男女、地域で分かれ過ぎた教育のシステム
  2.  大学教育のあり方…複数学部の選考ができない
  3. 日本型企業のカルチャー…部署内、会社内の付き合いのみ

これらの問題を打破するために、あらゆるものを掛けあわすことが出来る、
横串を意識したつながりが必要になってくるのです。

2. 編集思考のステップ

本書では、編集思考は以下の4つのステップに分けられるとされています。

ステップ1:セレクト(選ぶ)
ステップ2:コネクト(つなげる)
ステップ3:プロモート(届ける)
ステップ4:エンゲージ(深める)

この4ステップそれぞれの具体的方法は、是非本を読んでご確認頂きたいのですが、
面白かったのは、この編集思考の観点から、最先端企業の戦略を紐解いているところ。

ネットフリックス、ディズニー、WeWorkなどの企業をピックアップして
紹介しており、なかなかに興味深い内容でした。

3. 編集思考を磨くために

本書では、編集思考を磨くために、6つの方法が紹介されています。

行動1:古典を読み込む
行動2:歴史を血肉とする
行動3:西洋思想を学び、東洋思想を見つめ直す
行動4:アウェーな地に遠征する
行動5:聞き上手になる
行動6:毒と冷淡さをもつ

上記の方法を実践して、編集思考に磨きをかけて、
新しいものを生み出しましょう!

一言まとめ

あい
あい
世のヒット商品がどんなかけ合わせで生まれたのかを知れて、とっても勉強になりました。

本の詳細情報

書籍名:異質なモノをかけ合わせ、新たなビジネスを生み出す 編集思考

著者:佐々木紀彦

出版社:NewsPicksパブリッシング

初版発行: 2019年10月

ページ数:312ページ

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます!
もし少しでも面白いなと思ったら、[ブログ村]をポチッと押して頂けると励みになります!