↓もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いいたします!

フリーランス

【口コミ・評判】webライターにおすすめの会計ソフト3つを比較!【2022年12月】

あい
あい
フリーランス・個人事業主のWebライターさんは必見の会計ソフトに関する記事を書いてみました!

こんにちは!製造業・技術系ライターのあいです。

フリーランスになると自分で確定申告する必要が出てきます。

しかも、一番恩恵を受けられる65万円控除の青色申告をしようとすると、複式簿記での記帳が必要です。
複式簿記ってなに!?という方、私も同じなのでご安心ください。

昨年きちんと確定申告(青色申告)、できました。笑

それもこれも、会計ソフトを導入したおかげ。今回は、現役Webライターの私が使用したものも含め3社の会計ソフトを比較していきます。

Webライターが会計ソフト導入前にすべきこと

事業用口座の準備

事業用の口座をつくっておきましょう。
ネット銀行で大丈夫です。

私はSBIネット銀行を使用していますが、基本的になんでもOK。

会計ソフトに、口座が紐付けできるので、必ずつくってくださいね!

事業用のクレジットカードを作る

エポスカード

フリーランスとして独立する前に、クレジットカードをつくっておきましょう。

  • フリーランス始めたては特に信用がないので、審査が通らない可能性あり
  • 経費は事業用クレジットカードで払うことで帳簿付けがかなり楽になった

という2つの理由から事業用のクレジットカードを作っておく必要があります。

クレジットカードですが、私はエポスカードを利用しています。
理由は、ポイントが結構ざくざく溜まるのと、ゴールドカードの無料招待が届くから!

迷っている方はエポスカードを検討してみてくださいね。

Webライターにおすすめの会計ソフト3選

簿記がわからない私にとって、会計ソフトは必須。
特に複式簿記での記帳が求められる青色申告をするならなおさらです。

「では、どの会計ソフトを使うべきなのか」という悩みですが、調べると大体以下の3つが出てくるんじゃないかな〜と思います。

マネーフォワードクラウド確定申告:大河内先生のおすすめ

マネーフォワード
料金・プラン(※年契約)

・パーソナルミニ 800円/月
パーソナル 980円/月
・パーソナルプラス 2,980円/月

わたしはこのマネーフォワードクラウド確定申告を使用しています!
この3つの中で、個人的に一番おすすめ。

特徴

AI(人工知能)が学習して仕分けを自動化
請求書作成や経費精算も自動連携できる(めちゃ便利)
価格が安い!

freee:独自のUIで慣れたら使いやすい

freee
料金・プラン(※年契約)

・スターター 980円/月
スタンダード 1,980円円/月
・プレミアム 3,316円/月

freeeは開業届や青色申告を出す際にお世話になったのですが、やはり初心者に優しい設計ですね。
スマホによる確定申告に完全対応しているのも、人気の理由でしょう。

特徴

・確定申告をするときは、〇×の質問に答えるだけ
・サポート体制が充実している
・スマホで確定申告を完結できる

やよいの青色申告オンライン:1年間お試しプランあり

やよい
料金・プラン(※年契約)

・セルフプラン 8,800円/年 ※1年間無料でお試し
ベーシックプラン 13,800円/年 1年間6,900円でお試し
・トータルプラン 24,000円/年 1年間12,000円でお試し

やっぱり1年間無料のお試しプランがあるのは大きいですね。
フリーランスWebライターになるけど、いつまで継続するか分からないといった不安がある方は、まずは無料のお試しプランで契約してみるのもありです。

特徴

1年間無料のお試しプランがある(セルフプラン
・少しは簿記の知識がある方におすすめ
クラウド会計ソフト利用シェアNo.1

会計ソフトまとめ表

会計ソフトこんな人におすすめ!
マネーフォワードクラウド確定申告請求書と紐付けして、便利に使いたい人
freeee会計初心者で、帳簿の使いやすさ重視の人
やよいの青色申告オンライン費用を抑えたい人

Webライターが会計ソフトを導入するメリット

1. 事務作業の時短になる

Webライターとして執筆する時間、勉強する時間に重きを置きたいですよね。
事務作業に何時間もとられてしまうのは、もったいないことです。

会計ソフトの月額費用も経費になるので、ここは必要経費と思って迷わず契約しちゃいましょう。

2. 必要書類が揃う

会計ソフトって、確定申告できるだけじゃありません。
マネーフォワードでは、請求書や納品書を発行でき、さらに帳簿に連携できます。

Excel等で作った請求書よりも見栄えがかっこ良く、信頼性UPにも繋がります。

3. 経営を見える化できる

Webライターとして記事の執筆を何となく受注して、納品して、完了。これでは経営状況が見えてきません。
自分の売上と経費、把握しておきたいですね。

会計ソフトを導入することで、日々の売上管理の意識が高まります
今月の収支を確認して、来月はどのように動くか、どれくらい仕事をすべきかということを考える必要があります。

私はマネーフォワードクラウド確定申告を使っています

私は、以前の確定申告をした際の記事にも書いていますが、マネーフォワードクラウド確定申告を使っています。

請求書をマネーフォワードで作成して発行すると、会計ソフト側で売掛金処理をしてくれます。そして振り込まれたら、入金済と記載されます。この効率の良さ、自分で全部手作業でやっていたら何時間かかることか…。

会計ソフトのおかげで、とっても便利かつ時短になっています。

簿記の知識が全くなかったので初めは帳簿付が全然わからない〜となっていたのですが、マネーフォワードの公式サイトに仕分けの方法もあったので、それを参考に頑張ったらできました!

仕訳帳とは?書き方や記入例、帳簿付けの流れを解説

マネーフォワードクラウド利用者の口コミレビュー

https://twitter.com/narrator_Komaki/status/1593448205538058241

Webライターは会計ソフトで効率化をはかろう!

最初はお金をかけずに開業したいという方も多いとは思います。
なので、お試しプランを活用しつつ、ぜひ会計ソフトを導入してみてください。

Webライターにとっての本業は執筆であり、帳簿を頑張ってつけることではありません。
そこはせっかく便利な会計ソフトがあるので、しっかり頼っていきましょう!

もし自分で帳簿をつける自信がないという方は、まるっと税理士に頼るという手もあります。

税理士紹介希望者募集【税理士紹介ネットワーク】

こちら完全無料の税理士紹介サービスですので、気になる方はちらっと覗いてみてください。

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます!
もし少しでも面白いなと思ったら、[ブログ村]をポチッと押して頂けると励みになります!