↓もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いいたします!

未分類

【Canva】文字の太さを自由自在に調節する・変える方法【小技】

あい
あい
Canvaの小技を教えます!

Canvaはノンデザイナーでもプロのようにデザインをつくることができる、優れたデザインツールです。
ただ、Photoshopなどと比べるとエフェクトが少なめなのも事実。

Canvaには、文字の太さを調節する機能というのはないのですが、今回は裏技を使って文字の太さを自由自在に変えてみたいと思います。

Canvaworks
CanvaProでできることを徹底解説!実際に使用した私の口コミ デザイン初心者にもやさしいツールのCanva。 実は、この記事のアイキャッチ画像もCanvaを使って作成しています。 ではこのデ...

Canvaで文字の太さを調節する方法

テキストを準備

まずはテキストを準備しましょう。
ちなみに、今回使用しているのは「筑紫A丸ゴシック」です。
「筑紫A丸ゴシック」はCanva Pro でしか使えないフォントです。

太文字にはできるけど…

上部のツールパネルにある、「B」というアイコンを押すと、太字にすることはできます。
しかし、これ以上の調整はできません。
もう少し細くしたい…、もしくはもうすこし太くしたいと言った場合にはつかえません。

「エフェクト」⇨「スプライス」を選択

Canvaエフェクト

上部のツールパネルから「エフェクト」を選択し、その中から「スプライス」を選びます。
白抜きになった文字に影がついたようなエフェクトがかかると思います。

オフセットを0に、カラーを黒に設定

Canvaエフェクト

スプライスの設定値を変更します。
「オフセット」を0にしましょう。すると、ずれて影のようになっていた部分がピッタリ白抜きの文字の中に入ります。
そして縁の色と合わせたカラーを選択しましょう。
今回の場合は黒(ブラック)にします。

文字の太さを調節する

スプライスの設定値の中の、「太さ」を調節することで、文字の太さを変更できます。
太さの数値によって見た目が画像のように変わります。

Canvaの文字エフェクトを活用しよう

今回は、Canvaを用いて文字の太さを調節、変更する方法をご紹介しました。
Canvaはエフェクトを使いこなせば、できるデザインの幅が一気に広がります。
今後も裏技・小技を更新していきますので、ぜひチェックよろしくお願いします。

Canvaworks
CanvaProでできることを徹底解説!実際に使用した私の口コミ デザイン初心者にもやさしいツールのCanva。 実は、この記事のアイキャッチ画像もCanvaを使って作成しています。 ではこのデ...

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます!
もし少しでも面白いなと思ったら、[ブログ村]をポチッと押して頂けると励みになります!