↓もしよろしければ、ポチッとよろしくお願いいたします!

未分類

【実例付き】CanvaでInstagramの投稿画像をレベルアップさせよう!使い方徹底解説

あい
あい
CanvaとInstagramの相性は最強ですよ〜

Instagram(インスタ)は最近、文字入れの投稿が流行っていますよね!
わたしも、趣味の読書を記録し小説を紹介するアカウントをもっています。

Instagramの投稿はCanva Pro を使って作っているので、今回は実例付きでその作り方を解説して行きたいと思います!

無料のデザインツールCanvaとは

Canvaとは、無料で使うことが可能で、プロ級のデザインが簡単にできるツールです。
25万点ものテンプレートがあり、SNS用画像やブログのアイキャッチ、チラシや名刺やパンフレットなどの紙媒体も作ることができます。

有料版は月1,500円で200万点を超えるテンプレートに加えて、7,500万点を超える素材が使い放題になります。
その他のCanva Pro でできることは以下の記事でまとめていますのでぜひ。

Canvaworks
CanvaProでできることを徹底解説!実際に使用した私の口コミ デザイン初心者にもやさしいツールのCanva。 実は、この記事のアイキャッチ画像もCanvaを使って作成しています。 ではこのデ...
アイキャッチ
【Canva】文字の太さを自由自在に調節する・変える方法【小技】 Canvaはノンデザイナーでもプロのようにデザインをつくることができる、優れたデザインツールです。ただ、Photosh...

Canvaで使えるInstagramのテンプレート

Canvaでは、以下のようなInstagram用のテンプレートがあります。

Canvaテンプレート
出典:Canvaより

「¥」がついているものは有料版のCanva Proで利用ができるテンプレートです。

検索欄に「Instagramの投稿」と入力すれば、これらのテンプレートを見ることができますよ。
まずは覗いてみてください!

実例:Instagram投稿の作り方

ここからは、実際のわたしのInstagramの表紙の作り方を解説していきます。
では、この表紙をつくっていきましょう!

インスタ画像

1.背景に画像を入れる

まずは、写真素材から好きなものを選択し、ドラッグ&ドロップでキャンバスの背景に設定しましょう。
ちなみに、キャンバスのサイズは幅1080px・高さ1350pxです。
Instagramだと4:5の縦長サイズで投稿できる仕様になります。

2.四角を上に重ねる

続いて、「素材」から「線と図形」を選択し、その中から四角をクリックしましょう。
色はブラックに設定し、キャンバス全体をおおうサイズにします。

3.透明度を変更

四角の透明度を変更します。
右上にあるツールパネルから、透明度を20に設定しましょう。そうすると、背景に設定した写真が透けて見えるようになります。

4.テキストを配置

続いて、タイトルを入れていきます。
私の場合は、「筑紫A丸ゴシック」を使用しており、このフォントはCanva Pro のみで使用可能です。
フォントカラーは白にしています。

5.文字にエフェクトをかける

最後に、テキストにエフェクトをかけましょう。
タイトルを選択し、エフェクトの中の「浮き出し」をクリックします。

これで、Instagramの表紙画像は作成完了です。

【30日間無料】Canvaの有料版は試す価値あり!

Instagramの投稿画像は、Canvaを使うことで効率もデザイン性もアップします。
無料版でも十分に活用できますが、

・素材とテンプレートの豊富さ
・フォント追加ができる、使えるフォントが増える
・画像の背景切り抜きができる

という点から有料版のCanva Pro も試してみる価値はあると思います!

30日間無料ですので、ぜひ活用してみてくださいね〜


最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます!
もし少しでも面白いなと思ったら、[ブログ村]をポチッと押して頂けると励みになります!